合宿免許と通い免許の比較

バナー

合宿免許と通い免許の比較

免許の取り方として最もメジャーなのは教習所に行ってから免許を取得する方法です。


教習所には2種類あります。


一番多いのは地元やまたその近くにある通う教習所です。


まとまった時間の取れない社会人や地元で取りたい人はこちらに行くでしょう。
もう一つは合宿免許です。



合宿免許とはある一定期間を使って泊り込みで集中的に勉強する教習所です。

免許合宿情報を見つけましょう。

合宿免許はまとまった時間が取れる学生に人気で、通いの教習所に比べて料金が安く、自動車免許なら最短で3週間程度で取れるのが利点です。

はっきり言えば合宿免許のほうがオススメです。

合宿免許は利点がかなり多いです。

まず料金が比較にならないほどに安いということです。



通いであれば免許シーズンに入れば30万は超える場合が殆どですが、合宿であればシーズン中であっても30万は切る値段で入ることが出来ます。オフシーズンに行けば20万で入れるところもあります。

そしてもう一つ通いと合宿での大きな差としては卒業までの長さがあります。
通いの場合は一般的に混んでいなければ3ヶ月程度で卒業することが出来ます。一方、合宿の場合は基本的なカリキュラムは作成されているのでそのとおりにこなせば3週間程度で卒業できます。

通いはシーズンに入ると授業の予約がいっぱいになり3ヶ月で卒業するのはほぼ不可能です。
しかし、合宿であればシーズン中であろうとカリキュラムと通りに行えれば、ちゃんと3週間で卒業することが出来ます。

しかしながら、合宿免許にも欠点というものがあります。

合宿免許型の教習所はその殆どが地方の田舎にあるため全く土地勘がないのです。

それゆえに仮免許を取得してからの路上教習では全く知らない道路を走ることになり、多少なりの不安を覚えることもあります。ただ卒業検定のころになるとある程度数をこなしているので道は覚えているのです。

このように合宿免許と通い免許とでは様々な違いがあり、それぞれにあった方を選択しなければなりません。